「専門力」ではない「総合力」の時代

「専門力」ではない「総合力」の時代

これから成功する可能性の高いタイプ・・・その1


①境界を自分で超えていく人

d0072149_20335647.jpg以前は、一つの専門知識があれば成功は保証されたが

現在、「第4の波」※では
何かを創造できる人、他人と共感できる人、パターン認識に優れ
総括的に物事をとらえることのできる人
これからは「創意や共感」コンセプトの時代となる

これらのに必要な資質は、デザイン、物語(理論よりもストーリ性)、調和、共感、遊びそして生きがい

専門的なものも専門化したナリッジ・ワーク(専門労働)は、今や短期でルーチン・ワーク(定型業務)オートメーション化されたり、アウトソーシング(外注)化される時代にあっては、このような能力が重視される。

cf>記帳代行・会計処理のオートメーション化、現に国内の地方や中国のセンタで低コストで処理されデータで送信される。
 法人設立、簡単な契約書などは書式がインターネットでダウンロードできる。
 システム開発などは定型があるものは低コスト



境界を自分で超えていく人とは、一つの専門知識を持ちつつも、それと異なる分野・領域でも同等の自信をもてってこなせる人、つまりマルチタスクで仕事がこなせる人は
多額の報酬が手にすることができる。


たまに弁護士や会計士の資格を持ちつつ小説家や起業家、デザイナーなどいたりします。

クリエイティブな人 
というのは話していて楽しいし、人生楽しんでんなという感じなので大勢の人がその人の周りに集まり情報も集まり、気づかないうちに関連性をとらえ、新たなアイデアも生まれる。
専門的な狭いく硬い理論ばかり話されると誰でも嫌気がさします。


※「第4の波」とは、「第1の波」農耕社会、「第2の波」産業社会、「第3の波」情報化社会 専門職の時代、「第4の波」とは情報化社会から既成概念にとらわれずに新しい視点からものごとを
とらえ、新たな付加価値を創造すること


これからの時代は、狭くい専門に囚われることなく、たとえば、歌って踊れる会計士もいいかもしれません

d0072149_1114724.jpg
あなたの゛想い゛をかたちに。。。。そして世界へ 
ビジネス創造支援

㈱ユナイテッドコンサルティングファーム

〒100-0014 
東京都千代田区永田町2-10-2 秀和永田町TBRビル2階201
www.ucf.co.jp
http://blog.goo.ne.jp/ucf6601
e-mail:consul@ucf.co.jp

d0072149_13275187.jpg


不動産の有効活用法===ブルーオーシャン戦略===
UCF、不動産の有効活用法 (日刊工業新聞07.10.3)

by ucfentre | 2007-10-05 20:53 | 時流  

<< 「依正不二」の法則 UCF、不動産の有効活用法を提案 >>