格差社会 自分らしく

自分らしく生きたい。。。
それは誰しもの願望であろう


然しながら、自分を取り巻く環境、人間関係などがしがらみとなり、なかなかそうはさせてくれないのが現実だと思う。
されど、自分の内なる中には無限の宝庫(衣裏繋珠の譬え)があるのに、それを実感していない。

衣裏繋珠の譬えとは
法華経五百弟子受記品第八 四巻 (衣裏繋珠喩) に喩え

(物 語)
貧乏な『ある人』が『友人』の家に訪問し、ごちそうになり、酒に酔って眠ってしまいました。ところが、その『友人』は、急に用事で旅立つことになりました。寝ていた『ある人』を起こすのも気の毒と思い、また、貧乏から脱出できるようにと着物の裏の襟に『宝石』を縫い付けてから旅立ちました。

やがて、目を覚ました『ある人』は、『友人』がいなくなっているので、その家を立ち去り、相変わらず貧乏な生活を何年も続けていました。

ずいぶんたってから、『友人』は、『ある人』にバッタリ出会いました。『友人』は、哀れな『ある人』を見て、「なんとバカなことだ、着物の裏の襟の宝石を売れば、素晴らしい生活ができるのだよ」といいました。

(解 説)
d0072149_22363464.jpg貧乏な『ある人』は、我々凡夫です。『友人』とは、お釈迦様です。着物の裏の襟の『宝石』は、人の心の奥の仏性です。

要は、すべの人は、仏性(宝石)を持っているが、なかなか気づくことができず、苦の人生をさ迷うってしまう。
救われるには、その仏性に気づき、仏(何事にも囚われない自由自在の境涯・生命)と同じ命を生きていることに気づけばよいのだと...


あなたの゛想い゛をかたちに。。。。そして世界へ
㈱ユナイテッドコンサルティングファーム
〒100-0014 
東京都千代田区永田町2-10-2 秀和永田町TBRビル2階
www.ucf.co.jp
e-mail:consul@ucf.co.jp

Tags:格差社会 サイドビジネス 在宅ワーク

by ucfentre | 2007-05-15 22:38 | 時流  

<< 新たな時代の到来 格差社会 >>